これからは、
支払いの動作がなくなる

Dappsは、
分散型のアプリケーション

Dappsとは、分散型という形式で管理されたアプリのことです。一般的には、ブロックチェーンを使う分散型アプリがDappsである、と認知されてます。しかし、実はブロックチェーンを使っていなくても、管理やビジネスモデルにおいて分散型であれば、これも分散型アプリ、Dappsと呼ぶことができます。

そこで、ブロックチェーンを使うアプリON CHAIN Dapps、使わないアプリOFF CHAIN Dappsと呼びます。

使う
ON CHAIN Dapps

使わない
OFF CHAIN Dapps

不便な

OFF CHAIN
Dapps

サーバーで分散管理する分散型アプリケーション


Dappsがブロックチェーンとつながっていないと、スマートコントラクトとコインが連動しないため、サービスに対して送受金を行うことができません。

便利な

ON CHAIN
Dapps

ブロックチェーンとつながる分散型アプリケーション


Dappsがブロックチェーンとつながっていると、スマートコントラクトとコインが連動することで、サービスとお金が紐付き、送受金を自動で行うことができます。

ON CHAIN Dappsでは、
支払いの動作がなくなる

お金とアクションをスマートコントラクトで連動することで、自動の支払いが可能になります。

これまでは、従来の暗号通貨での振込ですら、時間や手間、高い手数料がかかっていました。

ON Chain Dappsのサービスはブロックチェーンとつながるため、サービスの利用と決済が自動で連動するようになります。また、間に人を介することなく取引を行うため、時間と手間のかからない、手数料の安い支払いを行うことができます。

WALLET / ウォレット

コイン(暗号通貨)を保管する場所です。
送受信、残高・取引履歴の確認ができます。

OFF Chain Dappsを、
ON Chain Dappsより便利にできるのか

このように、非常に便利なON Chain Dappsですが、Dappsをブロックチェーンとつなげるには、多くの費用と時間がかかるため、多くのDappsがOFF Chain Dappsで終わってしまうのが現状です。

Katana Blockchainでスーパー便利に

ON CHAIN Dapps

OFF CHAIN Dapps

Katana Dapps

Katana BLOCKCHAIN

+
OFF CHAIN Dapps
||

ON CHAIN 以上

OFF Chain Dapssは、Katna Dappsに


ブロックチェーン用につくられていない、あらゆる既存のアプリケーション( OFF Chain Dapps )は、Katana BlockchainにつながることでON Chain Dappsに変えることができます。すなわち、今あるすべてのアプリケーションが、サービスとお金を連動させることができるということです。

スーパー便利

高い性能

ブロック生成時間 :
スピードは、0.037 ~ 1秒と高速です。

トランザクション :
取引のひとまとまりを表します。Bitcoinでは6.666回/秒に対して、Katana Blockchainは1万~ 10万回/秒と、世界中で利用され取引が増えても、対応できる性能を持っています。またこれは、世界中で使われても手数料が高くならないことにもつながります。
いくつアプリケーションをつなげても、動作が重くなることはありません。本来は一体化して設計されている性能を管理するコアの部分と、アプリケーションの領域が分かれているため実現できた技術です。

コストがかからない

Katana Blockchainとつなげる費用は、無料です。

独自ブロックチェーンを
ゼロからつくる必要がない

つくりたいDappsに対応するためだけのブロックチェーンをゼロからつくる費用と時間がかかりません

ブロックチェーンと
アクションがつながる

IoT に、つながる

IoTブロックチェーンであるKatana Blockchainにつながることで、IoTとDappsを組み合わせることができます。すなわち、ブロックチェーン技術は実業として、わたしたちが体験できるものとなります。

IoT

INTERNET OF THINGS

モノのインターネットのことです。
現実世界の情報をセンサーデバイスで収集し、状況に応じたアクションを起こすことができ、
利用者は無意識的に便利なサービスを受けることができます。

IoTの例

車の自動運転による衝突回避
人を感知し自動でブレーキをかけることで、事故を防ぎます。

明るさを自動で調整できるLED 照明
LED 照明設備に、自動調光IoT システムを用いることで、消費電力を削減できます。

畑やビニールハウス内の環境情報を収集
ビニールハウスの室温や、土壌の湿度などの環境情報を収集し、遠隔でも確認や管理ができます。

IoTの欠点

ハッキング・悪意ある動作の恐れ
IoT に使用するセンサーデバイスはオンライン管理のため、ハッキングによるプライバシーの侵害や、悪意ある動作による実害のリスクがあります。

手数料が高い
利用料に対し、手数料の方が高くつく場合があります。

少額決済ができない
少ない利用に対し、端数の支払いができません。

IoT の欠点を改善するブロックチェーン

ハッキング・不正改ざんできない
IoT にブロックチェーンを利用する事で、高いセキュリティにより安全が守られます。

手数料が安い
間に人や企業を介することがないため、手数料が安くなります。

少額決済ができる(マイクロペイメント)
コインでの支払いにより、マイクロペイメントが実現しました。

IoT とブロックチェーンは、非常に相性の良い関係にあります。

ブロックチェーンと
ブロックチェーンがつながる

他ブロックチェーン、他コインに、つながる

どのアプリケーションも、他ブロックチェーン、他コインとつながり、相互に利活用できるようになります。
またDapps サービスに対し、他コインで決済することができます。

つながるブロックチェーンがコインの種類を自由にする

IoTがブロックチェーンの体験を身近にする

この2つをスーパー便利なKatana Dappsで

これまでのサービス

契約条件
Ethereumのオンラインゲームに負けたら

契約内容
0.01 ETH 送金

これまで、とあるブロックチェーンのDappsで利用できるコインは、そのブロックチェーンが発行するコインに限定されていました。

新しいサービス

Katana Dapps

契約条件
ワイヤレス給電で20% 分充電したら

契約内容
0.001 BTC 送金

サービスの自由度

IoT とブロックチェーンをつなげることにより実業を取り入れられるようになりました。
ブロックチェーン技術はわたしたちが実際に体験できるものとなり、生活をより豊かなものにしてくれるでしょう。

コインの自由度

つながるブロックチェーンにより、
送金できるコインの幅が広がりました。
また、ブロックチェーン同士がつながり合うことで、それぞれの特性を利活用できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です