Katana

Katanaを買うならKhmer NX

CoinBuddy

SIORA

Milieux

Katana Blockchain

つながるブロックチェーン

和の魂はせかいをつなぐ

実業とつながる、

IoTブロックチェーン


IoT

Dapps

IoT

Internet of Things

身の回りのあらゆるモノが、モノ自らインターネットにつながったり、センサーを利用して現実世界から取得した情報を、インターネットで管理する技術です。センサーには、 人感センサー、音センサー、熱センサー等があり、IoT はわたしたちの日常に溢れています。

これまで、インターネットとは無縁だったテレビやエアコンがインターネットにつながることにより、モノが相互に通信し、遠隔からも認識や制御ができるようになります。

IoT

が抱える問題

セキュリティが弱い

センサーやカメラなど、情報収集端末をオンライン状態にする必要があるため、ハッキングによる情報の悪用、情報の不正改ざんによる機器の誤作動など、実害が起こるリスクが発生します。

少額決済ができない

IoT 使った製品・サービスを考えると、少しの利用に少額の決済などといった、小規模売買が想定されます。しかし、15% の充電に対し、15.54872 円支払いといった場合、法定通貨では端数を支払うことができません。

また、これまでの電子決済では手数料が数百円発生してしまうため、少額の決済に電子決済の場合、手数料の負担の方が大きくなる場合があります。

IoT

ブロックチェーン

に繋げる時の問題

分散型台帳に、外部情報を記録できない

そもそもブロックチェーンは、外部からの情報を直接取り入れることができません。なぜなら、ほとんどのブロックチェーンの構造は、外部情報を取り入れられるようにつくられていないためです。

一般的なブロックチェーンでは、メインチェーンからサイドチェーンを生成することで、外部情報を扱えるようにしています。しかしこれでは、ブロックチェーンの「分散型」というメリットを最大限に利活用することができるか、というと、少し疑問が残ります。

ブロックチェーンの構造を設計し直し、外部情報を扱えるようになれば、サイドチェーンやサーバーではなく、ブロックチェーンの台帳に外部情報を直接的に書き込むことができるようになります。

IoTと

ブロックチェーン

つながることが

できたなら

デバイスはインターネットにつながり、モノが情報を知らせしてくれたり、モノの世界を IT 技術でコントロールできるようになりました。
多くの可能性がある半面、セキュリティやマイクロペイメントなどの問題により、今一歩実現化できないサービスが多くあるのも現状です。

もしもこれらの問題が解決できたなら、わたしたちの暮らしは想像もつかないほど便利になることでしょう。その IoT の課題の解決に、今、最も適しているのがブロックチェーンの技術なのです。

IoT × Katana Blockchain

強固なセキュリティ

また、ブロックチェーンとつながることで強固なセキュリティとなりました。中央管理のいないブロックチェーンでは、不正改ざん・ハッキングのリスクもなく、オンライン管理より安全な管理を行うことができます。

マイクロペイメントが可能に

マイクロペイメントとは、決済手数料の負担をなくした、少額での電子決済のしくみです。
暗号通貨は、現金より細かい単位で取引を行うことができるため、少額決済に適しています。例えばデバイスの充電など、IoT では、短時間の利用に少額の請求といった小規模売買が行われる場面が想定されます。その決済に適しているのが、マイクロペイメントであり、この面からも IoT とブロックチェーンの相性が非常に良いことがわかります。

ブロックチェーン
→ 仲介者なしの直接取引が可能なブロックチェーンは、手数料の削減につながります。

暗号通貨
>→ 端数の支払いまで可能となります。

ブロックチェーンの台帳に記録

メインチェーン / サイドチェーン といった分け方をするのではなく、メインブロックチェーンの内部を分けることで、自由度の高さを実現しました。Katana Blockchain では、外部情報とアプリケーション領域がつながる設計にし、さらにアプリケーション領域とコア領域を同期させることで、外部情報をブロックチェーンの台帳に記録することに成功しました。

Katana Blockchainのメインチェーンコア内部で、処理が完結

デバイスとブロックチェーンをつなげ、実業とつながる

IoT などの最新技術には、全てデバイスがありますが、デバイスは元々ブロックチェーンをつなげられるような設計でつくられていません。

このような状況の中、Katana Blockchain では、デバイスとブロックチェーンをつなげた IoT Blockchain を完成させました。

ブロックチェーンは実業とつながり、技術はより実用的なものとして、世界に拡がっていくことでしょう。

>ブロックチェーンは実業とつながった

ブロックチェーンは、

実業へ

給電は、ワイヤレスへ

世界的な非接触充電技術とのコラボにより、充電器から離しても動かしても、給電される技術が実現しました。

どの端末がどのくらい充電されたかなどの情報は、ブロックチェーンの台帳によって管理されます。また課金システムを取り入れることで、充電した分だけ Katana で自動決済することが可能となりました。

充電情報をIoTチップを用いて、Katana Blockchainの台帳に記録し、スマートコントラクトで自動決済を可能に

ワイヤレスだからできること

スマートフォン

充電エリアや充電スポットに入ることで、スマホの充電が可能に。

ドローン

一定間隔で給電スポットを配置すれば、24 時間飛行も可能に。
産業用ドローンの業界にも大きく貢献することになります。

EV車

Katana チップを道路に埋め込むことで、高速道路での走行中給電、駐車場丸ごとエリア充電なども可能となります。

01

Katana Blockchain

つながるブロックチェーン

和の魂はせかいをつなぐ

Dappsが担う、

本当の役割とは

IoT

Dapps

Dapps

Decentralized Applications

ブロックチェーンを用いた、分散型アプリケーションのことです。Dapps は、安心・安全な新時代のアプリケーションです。

しくみ

・サーバーがいない

データをパソコンなどノードに処理させます。

・利用者が増加に伴い、安定する

例えば、100 人で参加する場合、処理も 100 人で行うため、
参加者が増えれば増えるほど、安定します。

メリット

・コストダウン

機械費、設計費、電気代、などのコストが削減されます。

・セキュリティ、平等構成な取引

中央管理が存在しないため、不正改ざん・ハッキングなどのリスクがありません。

デメリット

・処理が遅くなる可能性がある

トランザクション(さまざまな取引の、ひとまとまりの処理単位)詰まりを起こすと、処理が遅くなってしまいます。例えばゲームの場合、反映やロードが遅くなったり、また、チケットを発注した場合、指定した日時にチケットが届かない問題が起きる可能性があります。

Dapps

が抱える問題

スケーラビリティ(拡張性)

今後 Dapps が一般的に利用されるようになれば、データの処理が追い付かなくなる、スケーラビリティの問題が出てくるでしょう。
現在のブロックチェーンは、1 秒間当たりのトランザクション数が、最大でも 10 回未満というのが現状です。これは日本の半数の利用に匹敵し、今後世界中での利用に対応はできません。

本来ブロックチェーンは、利用者の増加につれてネットワークは安定すべきものです。しかし実際は、トランザクション詰まりによって承認待ちの時間が長くなったり、それに伴い手数料も高騰してしまいます。

歯止めを受ける、イノベーション

ブロックチェーンの中には、プラットフォームをつくっているブロックチェーンもあります。そこには、トークンや Dapps をつくるためのプラットフォーム、誰でも簡単に・速く・安く、トークンや Dapps をつくることができます。そのため、今この瞬間も、プラットフォームを使ったトークンは量産し続けられており、その数、なんと 1 万トークン以上。Dapps に関しても同様で、誰でも簡単に Dapps をつくれるプラットフォームです。

誰でも簡単につくることができるためには、「テンプレート化されている」必要があります。しかし、これまでになかった画期的なものをつくろうと考えたとき、プラットフォームのテンプレートを利用してつくりあげるのは、非常に困難なことです。

量産は、

何を生み出すのか

ブロックチェーンは、コインや独自ブロックチェーンを量産するために生まれたわけではありません。Dapps の最大限の活用を考えたとき、ブロックチェーン同のネットワーク化は欠かせないのです。
Katana Blockchain は Dapps を通し、ブロックチェーン真の魅力を伝えていきます。

Dapps × Katana

Dappsの実用化

また、ブロックチェーンとつながることで強固なセキュリティとなりました。中央管理のいないブロックチェーんでは、不正改ざん・ハッキングのリスクもなく、オンライン管理より安全な管理を行うことができます。

プラットフォームをつくらない、というこだわり

プラットフォームを全て取り除くことで、より自由度の高いブロックチェーンを設計しました。Katana Blockchain上に Dapps をつくるときは、従来よりワンランク上のものを目指すことができるということです。

その際には、正しい知識と技術が必要になるため、KatanaProject ではその教育を担うアカデミーも開校します。ブロックチェーンでイノベーションを起こすために必要な技術を、根本となる教育から行い、ブロックチェーンエンジニアを育てながら業界を発展させていくことこそが重要だと考えています。

独自ブロックチェーンをつくる必要は、もうない

「こんな Dapps をつくりたい」しかし、既存のテンプレートでは実現困難となった場合、それを実現させるためだけの独自ブロックチェーンごと、ゼロから開発しなければならないという状況が生まれていました。これでは、開発資金や時間に多くの無駄ができてしまいます。

Katana Blockchain では、従来一体化されていたコアとアプリケーションの部分を切り離すことで、これを解決しました。これにより、言語制限など、さまざまな制限を受けることなく、直接的にどんなアプリケーションも KatanaBlockchain 上に乗せることができるのです。

ほかのブロックチェーンとも、つながる

Katana Blockchain は、ほかのブロックチェーンにもつながることができます。例えば、イーサリアムのスマートコントラクトや、Katana 上に立てた任意のスマートコントラクトを利用し、ADA や BTC で決済するなど、相互の利活用が可能となり、コインだけで完結する社会を実現させることができるのです。

また、Katana 上の Dapps では、他のスマートコントラクトと異なるブロックチェーン同士が連携したりと、多くのネットワークメリットを生み出すことができます。

他のブロックチェーンのスマートコントラクトを使って、他のコインで決済する Dapps を Katana Blockchain 上に作成することが可能であったり、他のブロックチェーン上の Dapps に KatanaProject のクロスチェーンをつなげることにより、他のブロックチェーンの Dapps 上で他通貨を利用した決済も可能になります。

世界中で利用される Dapps へ

・ブロック生成時間、0.037 秒。

例えどれだけ混雑していても、必ず1秒を切る

・1秒あたりのトランザクション生成回数、10 万回~ 20 万回

スケーラビリティの弱点を克服し、世界中で使用されても速い処理が可能となります。

他のブロックチェーンでは、利用者が増えれば増えるほど重くなってしまうのに対し、Katana Blockchain では多くの人が利用すればするほど、ネットワーク効果が高くなる特性を持っています。

・人工衛星から最も正確な時刻を取得

著作権などの証明をしたい場合など、正確な証明を行えます。またこれに加え、1つのブロック生成が最速で 0.037 秒と短いため、秒単位までズレることなく正確な時刻データで著作権を証明することができます。

・スーパーノードがアタックされてもダウンしない

最低 2 つのノードさえあれば、細胞分裂のようにしてアップデートできる仕組みになっています。

・ハードウォークできない設計で、ブランディングを守る

プラットフォームがないため、初心者向けのテンプレート化はされていなませんが、上級者向けの Dapps 開発環境の中で自由度の高い Dapps をつくることができます。

01

CoinBuddy



SIORA

SIORA とは | ABOUT SIORA

SIORA とは Katana ブロックチェーンを使った Dapps を最大限に活用できる Crypto です。

Katana ブロックチェーンは、あらゆる情報を扱える非常に自由度の高い Dapps をつくれるようにした独自ブロックチェーンです。

その事業の中で、離しても動かしても充電できるワイヤレス給電技術とブロックチェーンをつなぎ、どの端末がどれだけ充電されたかを管理し、使った分だけ Crypto で支払うことができます。

そのような Katana ブロックチェーンと、東京2020にも採用された木質バイオマス技術がこの度コラボすることになりました。

木質バイオマス技術は、木を液状化してチップ化し、そこに弾力性や耐水性などの性質を与えることで、コンクリートのように固い木や、子供が転んでも大丈夫なくらい弾力性のある舗装をつくることができます。

さらに、木質100%の接着剤を作ることも可能です。既に様々な活用がされており、道路の舗装やインテリアなどに応用されています。

Katana プロジェクトのワイヤレス給電では、スマホ給電を始め、EV 車の走行中給電、ドローンの飛び石給電が出来ます。

それには膨大なインフラ整備が必要であり、充電時に電気が金属に吸われる性質があるため、木質バイオマス技術は非常に可能性があり、相性抜群です。

よって、Katana プロジェクトのインフラを担う役割として大きな貢献をしてくれるでしょう。

ワイヤレス充電、木質バイオマス技術、ブロックチェーンが三位一体となって新しいトークンエコノミーを創り上げるプロジェクト、それが SIORA です。

特許 | Patent

*SION 特許技術

*WPT 特許技術

:

:

特開 2018-050460 日本国特許 第 6240755 号

特開 2018-113947 国際出願 PCT/JP2014/002552

特開 2010-149304 米国特許 ( 公開 ) 20170149285A1

*SION 特許技術

特開 2018-050460
日本国特許 第 6240755 号

*WPT 特許技術

特開 2018-113947
国際出願 PCT/JP2014/002552

特開 2010-149304
米国特許 ( 公開 ) 20170149285A1

TOKYO 2020 関連施設に採用 | TOKYO 2020

IoT を Blockchain でつなぎ、SIORA トークンによる経済的効果の創造

CAMBRIC を支える「WPT と木質バイオマス技術」の結びつきによるインフラ整備

第 4 次産業革命ともいえる CAMBRIC を後押しする SIORA プロジェクトの幕開け

木質バイオマス技術とは | ABOUT WOODY BIOMASS

樹を液状化し、固形化固形化の工程で、様々な性質を与えることができる。

耐・断熱性 / 耐火性 / 耐荷重性 / 透水性 / 保水性 / 防水性 / 弾力性 / 粘着性

SIORA の木質バイオマス技術は、木を液状化し、さらにそれを固形化するという特許技術です。

液状化から固形化の過程において, 様々な性質を与えることができます。

例えば、熱や火、かなりの重さにも耐えられます。

弾力性により、子供や老人などが転んでも痛くなかったり、人にも優しい道路づくりができます。保水性、防水性、これは屋上菜園などにも使えてしまいます。

粘着性をつけることも可能ですので、100%木材だけしか使用してないインテリア・プロダクトをつくれるようになりました。

また、つくる過程において、光合成によって吸収した二酸化炭素を排出することなく固形化しているため、環境に優しい、非常にエコな技術といえます。

WPT とは | ABOUT WPT

Wireless Power Transfer

家電製品におけるワイヤレス給電の世界標準規格は Qi(チー)と呼ばれるもので、置くだけで充電できます。

しかし、Katana Project が開発している WPT(Wireless Power Transfer) は、離して動かしても充電できる、非接触型のワイヤレス給電技術です。

家具に内蔵すれば、WPT は木材の表面を飛び越えて送電され、スマートフォンは机のどこに置いても充電されるようになります。

床に埋め込めばエリア充電、電話中の充電、在庫管理工場ロボットの充電や、照明器具の配置にも大きな自由度をもたらすことになるでしょう。

道路に埋め込むことで、EV 車の走行中充電、駐車場の停車充電も可能となり、ここに蓄電技術も加われば、非常に短かい時間での充電もできてしまいます。

また、産業用ドローンでの活用も期待されており、一定間隔に給電スポットを設けさえすれば、飛び石給電式に24 時間稼働で農業の管理もできるでしょう。

コイルの半径を長くすればするほど、その分だけ離しても充電することが可能になります。

IoT、AI、VR にかかるデバイスには、必ず電気が必要になります。特に今まで場所に制約を受けていたデバイスも、また新たな可能性に出会えるはずです。

ワイヤレス給電を、置き型から非接触型へ離して動かしても充電できるワイヤレス給電技術

Katana ブロックチェーンとは | ABOUT Katana Blockchain

デバイスとブロックチェーンをつなげ、実業とつながるAI も VR も IoT もデバイスがあるため、ブロックチェーンとつなげるのが非常に難しいとされています。

Katana ではハードウェアがあるものとブロックチェーンとがつながる設計となっており、IoT、さらに AI、VR ともつながることで、自由度の高い Dappsを実装させることが可能となりました。

IoT ともつながるため、実業とのコラボレーションに最も適したブロックチェーンといっても、過言ではありません。

Milieux

milieux

ホーム

開設方法

KYC注意事項

取引・操作方法

KhmerNX とは | About KhmerNX

01_ 世界最高基準のセキュリティ

COLD ウォレットの 2 重管理による、今だかつてないほどに強固なセキュリティー。 単純にウォレット自体に預けるよりも、Khmer NX に預けた方が、格段にコインを安全に保管することができる。


02_ CryMix (独自の価値交換エンジン)

独自のコアエンジンを開発し、世界最高クラスの高速送金、かつ最もパワフルで自由度の高 い価値交換システムを実現させた。他社取引所にも提供を行っており、CryMix のエンジンが 使われる場合には、Powered by CryMix と記載される。


03_ Khmer NX
  • ニックネームシステムで、送金ミスを防ぐ
    ウォレット送金相手の受信アドレスを入力すると、ニックネームが表示される。
    これにより、送金ミスを防ぐことができる
  • Khmer NX の基軸通貨である、WOWcoin を一定枚数持っていれば、手数料が半額に。
  • 驚異のスピード
    最速 0.037 秒で送金が完了。

文字入力について

必ず英語で入力する(アンドロイド携帯でChromeを使用した場合、自動翻訳されて日本語が表示される場合があるので注意。日本語は無視して英語入力)

名前、住所は英語表記の順で。
First name →名 /Last name→苗字
住所 Line1→番地、町 / Line2 →建物やマンション名と部屋番号

住所確認書類(免許証、パスポートなど)と必ず同じものを入力。マンション名など入っている場合は必ず入れる。

1. Khmer NX 登録

Khmer NX のホーム画面になります。

Sign up をクリックして、登録ページにお進みください。

① 基本情報を入力

② メール認証

③ 登録完了

2. サインイン

3. メール認証

4. KYC 登録

①My Pageをクリック

②Account Informationをクリック

③基本情報を入力

例)東京駅の場合
東京都千代田区丸の内1-9-1
→1-9-1, Marunochi , Chiyoda-ku, Tokyo, 100-0005, Japan

④身分証の登録

⑤KYC登録完了

これで手続き完了です。認証されるまで、しばらくお待ちください。 ※取り引きには KYC 認証が必要となります。

画像について

  • IDの4辺、4隅が切れずに完全に確認できる。
  • 写真、文字が鮮明に確認できる。光や影や指など、他の物が写り込んでいない。
  • 加工されていない。
  • IDが有効期限内である。
  • 名前、住所、生年月日が入力内容と同一である。
運転免許証

表と裏の画像を2枚提出。

パスポート

  • 顔写真のページと住所のページの画像2枚を提出。
  • それぞれ見開きで4辺が切れないように
  • 住所ページに住所が記載されていること
  • 住所の記載がない場合は、公共料金の郵便物等、住所確認書類を添付する。
その他
  • 顔写真入りで、住所の記載があり、公共機関から発行されたもの。
  • 表と裏の画像2枚提出

NGの例

切れてる、ピンボケ、暗すぎる、小さすぎる、光や影が入っている、指などで隠されている、セルフィー

1. コインを買う

①トレードを選択

②情報を入力

コインを売る

①トレードを選択

②情報を入力

Khmer NX 内送受信方法

受信方法

① コインの選択

受信したいコインを選択します。

② Receive Payment を選択

③ 受信アドレスをコピー

Khmer NX 同士で送受信する際の専用アドレスです。このアドレスをコピーして、送信相手へお知らせください。

送信方法

① コインの選択

送信したいコインを選択します。

② Send Payment を選択

3 送信アドレスと、枚数を入力

④ 送信完了

これで送信完了です。送信履歴が表示されます。

開設はこちら